1~2月のお役立ち情報 通年のお役立ち情報

正月太りをリセット!その方法と食事に関するメニューとは?【体験談】

投稿日:2017年10月7日 更新日:

ご訪問ありがとうございます!

実は私・・・ダイエットに成功しました。

84kg⇒65kg

を1年かけて行い、その後4年経過していますが65kg前後をずっと維持できています。ダイエットを決意したのは忘れもしない1月4日の早朝・・・。この時の年末年始は特に会社関係・友人関係の忘年会や親戚同士の新年会と暴飲暴食に相応しい年末年始を満喫した年末年始でした。そして体重を見ると・・・

 

84kg!?

我が目を疑いました。大学時代は65kg⇒社会人になってから順調に増えていき78~79kgまでを何とか維持していたのです。84kgは相当ショックでした。年始ということもあり、

 

今年の目標はダイエットじゃー!!!

 

それから1年かけてダイエットに成功した私の体験記をお伝えいたします!

スポンサーリンク

正月太りをリセット!まずは方法を考えてみた

まさか84kgとは・・・とほほ
しかし太ってしまったのは仕方がない。ダイエットを今年の目標にしたはいいが、どうやって痩せようかな?過去にいくつかのダイエットに挑戦したことはあるんですよ。まず今まで挑戦して失敗した私のダイエット法を公開します。

 

運動ダイエット
文字通り運動による消費カロリーで体重を減らすダイエット法
1日5kmのウォーキングを行いましたが、雨が降ると雨天中止になり運動も中途半端。運動すると食欲が増し食べる量が何気に増える(笑)
結果増量するという結果に・・・

 

タマネギダイエット
夕食をタマネギ丸々1個をスープにしてそれだけ食べるダイエット法
まず私の味付け能力のレパートリーが少ないので味にすぐ飽きました(笑)1週間ほど頑張って続けてみましたが体に力が入らずフラフラになってきたので断念しました。2kg程度は落ちましたが1週間で元に戻りました。

 

100gダイエット
何を食べてもいいダイエット法
これには条件があって、1日に何回食事をしてもいいのですが、1回の食事量が100gだけ。食事後はお腹が空いて仕方がないというところまで我慢をしてから次の100gを摂る。それを繰り返していくと身体が慣れてきて例えば1日7回の食事回数が4回まで落ち着いてきて結果1日の摂取カロリーが少なくてすむのでダイエットになるという方法。このダイエットは3日しか持ちませんでした。無理! 100g少なすぎ(笑)

 

夜だけスムージーダイエット
その名の通り夜だけスムージーにするダイエット法
はい無理(笑)初日に挫折しました。量が、足りない足りない足りない!
夕食に加えてスムージーも摂取するという暴挙に出てしまい余計体重増加に。

 

そんな失敗を繰り返してきた私でした。でもダイエットって

 

運動か食事制限

 

でしか成功しないんじゃないか?という考えはあるんですよ。
そこで私が選択した方法は

食事制限

次の章では食事制限にした理由をお伝えしますね~

 

正月太りをリセット!食事制限に決定することに

何故私が食事制限でダイエットをしようと思ったのか?
その理由をお伝えしますね。

運動では難しいと感じたから
決意したのは1月4日。はい!真冬ですね。寒いですよね~。外に出て運動したくないですよね~。という理由もあります。

運動の消費カロリーについて
昔5kmウォーキングをしていた時には消費カロリーについて考えていなかったんです。運動すれば痩せる!しかしながら痩せるには原則的には
【基礎代謝消費カロリー+運動カロリー】が1日の摂取カロリーより多くないと痩せない。運動カロリーって意外と少ないんですよ。5kmウォーキングしたとしても300キロカロリー程度。カップラーメン1個も消費できない事実。ということは食事制限でダイエットするのが一番上手くいくのではないだろうか。という結論に至った私は食事制限でダイエットを始めていくのです!

スポンサーリンク

 

正月太りをリセット!間食方法等のメニューについて

さて、いよいよダイエットを開始!ここでは実際に行ったダイエット方法と間食に関する考え方も交えてお伝えします。

 

夕食だけ野菜ダイエット
最初に始めた方法ですが、夕食だけ炭水化物を少ししか摂らないことにしてみました。夕食後って身体動かす時間って日中と比べて少ないのが理由です。ちなみに朝と昼は気にしないで食べていました。※ドカ食いはしないように気をつけました。

 

①炭水化物は小茶碗1杯まで
②野菜は食べ放題
③ドレッシングはノンオイル系

 

最初はお米を摂らずに野菜だけダイエットにしていたのですが、お米を全く食べないというのは結構辛いんですよ。お米にお味噌汁等に混ぜて食べるという贅沢な技も使いました(笑)最初にとにかく野菜を食べことにしました。そうすると空腹が少し落ち着くので、お米を食べたい意欲が少し無くなりました。この方法は私にマッチしました。結果的には1月~6月までこの方法を維持できました。

 

間食に関する考え方
ダイエット前の私は結構な間食をしていました。10時と15時のオヤツをほぼ毎日食べていたような気がします。この間食が結構手強いヤツで一番の強敵となったのでした。そこで私が行った方法ですが

 

①パン系でなくノンオイル系のチップスに変更する
②食べたい商品のカロリーを見る癖をつける
③炭酸水を飲んでごまかす
④自分が目標とする体系を携帯待受け画面に

 

まずパン系をチップス系に変更するだけで300キロカロリーは違います。
変更するのに迷いが出てきたら『ウォーキング5km分ウォーキング5km分』と呪文を唱えると変更する意志力がUPします(笑)

 

最初の開始1ヶ月は特にコンビニに、ふらふらっと入ってしまう自分がいました。その時には食べたい商品のカロリーを見るようにしました。15時のオヤツの時にどうしてもカップラーメンを食べたいと思った時ですが、通常のカップラーメンって450キロカロリーくらいあるんですよ。それをカップラーメンlight(200キロカロリー程度)に変更しました。

 

お腹が空いた時に有効だったのが炭酸水。結構お腹が膨れて空腹をごまかすことができました。

 

目標とする体系を携帯待受け画面にしたのも効果的でした。私の場合は当時好きだったプロボクサーを待受けにしました。自分もこんな体系になるんだ!!という励みになりました。

 

最後にまとめをご覧ください!

 

まとめ


そしてダイエットを開始してから3ヶ月経過した4月頃には

 

84kg⇒76kg

 

くらいまで落ちていきました。
最初の5kg落とすまでが勝負だったと自分では感じています。5kg落ちてからは、ここまで痩せたからリバウンドが勿体無い!という気持ちがかなり強くなりました。ダイエットに成功してやるんだ!という決意がどんどん増していく自分がいました。

 

70kgを切ったのは開始8ヶ月頃。忘れもしないのですが、銭湯でサウナ後に体重を測った時に69.8kgと表示されたのです。水分が減ったのもありましたが本当に嬉しかった・・・

 

季節も春先になってくると運動しようという欲も出てきたのでウォーキングも始めたりとさらにリズムに乗ることができました。

 

そして1年かけて65kgまでのダイエットに成功したのでした。その後も頑張りすぎて63kgくらいまで落ちたこともありましたが、体調的にフラフラな感覚になり、痩せすぎかなと自分で感じたので今の65kg前後を維持しています。

 

①夕食だけ炭水化物を減らした

②間食も適度に我慢しないでカロリーを減らしたものを食べた

③5kg以上痩せてからはリバウンドするのが勿体ない気持ちになった

 

が自分が成功したポイントだったと思っています。是非、正月太りをキッカケに理想の体系を手に入れてください!最後までご覧頂きありがとうございました(^v^)

スポンサーリンク

-1~2月のお役立ち情報, 通年のお役立ち情報
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

恵方巻きの由来とは?その縁起や食べる方角についてのまとめ

恵方巻き その歴史や始まりには様々な説があります。   恵方とはなにか? 歳徳神【としとくじん】という神様のいる場所を指し 歳徳神はその年の金運や幸せを司る、昔から親しまれている神様のことで …

半身浴ダイエットは意味ないの?その効果と口コミを検証!

半身浴ダイエットって本当に効果があるの? たしかに汗は沢山かくけど身体の水分が減っただけじゃないの? 半身浴ダイエットってお湯に浸かるだけだし楽そうだからこんな自分でも長続きしそう・・・ 果たしてその …

イチゴ狩り 愛知県での人気スポットは?おすすめと口コミのまとめ

イチゴの美味しい季節になってきましたね!食べた時のあの甘みといったら至福の一時です。そんなイチゴをお腹一杯食べてみたい!! そんな欲望を叶えてくれるのが・・・ イチゴ狩り イチゴ狩りは初めてだけど、イ …

自立訓練法のコツが分からない 呼吸法の利用とその効果について

自律訓練法は、ドイツの精神科医フーゴ・パウル・フリードリヒ・シュルツによって創始された自己催眠法・リラクゼーション技法です。 ストレス緩和・心身症・ 神経症 などに効果があるとされています。85年以上 …

瞑想のやり方が大切 悟りを体感できる簡単な方法とコツについて

瞑想を続けていくことによって、悩みや不安に負けない強い心を創っていくことができると言われています。   瞑想とは何か?   瞑想法によって考え方に違いはありますが、ここでいう瞑想と …